家中・足軽の幕末変革記 飢饉・金策・家柄重視と能力主義



支倉清+支倉紀代美[著]
2,400円+税 四六判 288頁 2021年10月刊行予定 ISBN978-4-8067-1625-9

明治維新を招く社会変革の兆候は、京・江戸から遠く離れた片田舎にも起きていた。

家中人事が家柄重視から能力主義へと移り変わる様子、
財政難に陥る領主と裕福な農民の関係性など、
19世紀の地方社会の変化と闘争を、
仙台藩前谷地村(現宮城県石巻市)で
60年にわたり記された文書『山岸氏御用留』から読み解く。

本書の読者におすすめの本





>>トップページへ戻る    >>このページのいちばん上へ
   サイト内検索

TSUKIJI SHOKAN PUBLISHING CO., LTD.
7-4-4-201 TSUKIJI CHUO-KU TOKYO, JAPAN
TEL:03-3542-3731 FAX:03-3541-5799


© 2011 tsukiji shokan publishing co., ltd. All rights reserved.