コロナ後の食と農 腸活・菜園・有機給食



吉田太郎 [著]
2,000円+税 四六判並製 240頁 2020年10月刊行 ISBN978-4-8067-1609-9

ジャンクフード大国アメリカでは、肥満と免疫力低下が大量の感染患者を産み、
世界の密飼される工業型畜産が病原菌や、ウイルスの潜在的な培養器となっている。

農業をオーガニックに全面転換すれば生産力が落ち、食肉の値段は跳ね上がり、
増加する人口を養えないと言われてきた。
コロナ禍を契機に、カロリー過多の飽食が問い直され、
農業政策を多品種・地産地消とオーガニック増産にシフトするEUが、
切り札として掲げる武器はハイテク農業ではなく、公共調達による有機給食だ。
栄養素と食物繊維たっぷりの食は免疫力をたかめてコロナ予防にも役立つ。
学習意欲もアップする。

本書は、こうした世界の潮流に逆行する奇妙な日本の農政や食品安全政策に対して、
パンデミックと自然生態系、腸活と食べ物との深いつながりから警鐘を鳴らす。

日本の有機給食の優良事例から一人ひとりが日々実践できる問題解決への道筋を示す本。

著者紹介

目次

まえがき

編集部より

ネット書店で購入する

本書の読者におすすめの本





>>トップページへ戻る    >>このページのいちばん上へ
   サイト内検索

TSUKIJI SHOKAN PUBLISHING CO., LTD.
7-4-4-201 TSUKIJI CHUO-KU TOKYO, JAPAN
TEL:03-3542-3731 FAX:03-3541-5799


© 2011 tsukiji shokan publishing co., ltd. All rights reserved.