木々は歌う  植物・微生物・人の関係性で解く森の生態学



D.G.ハスケル[著] 屋代通子[訳]
2,700円+税 四六判上製 368頁 2019年5月刊行 ISBN978-4-8067-1581-8

ジョン・バロウズ賞受賞作、待望の翻訳

アマゾンの先住民の森林への深い智慧と森の構成員としての関係性、
イスラエルとパレスチナのオリーブ農家の伝統と改革、
大都市ニューヨークの1本の街路樹から見えてくるコミュニティの姿、
400年前から命をつなぐ日本の盆栽に見る人と自然―――

1本の樹から微生物、鳥、ケモノ、森、人の暮らしへ、
歴史・政治・経済・環境・生態学・進化すべてが相互に関連している。
失われつつある自然界の複雑で創造的な生命のネットワークを、
時空を超えて、緻密で科学的な観察で描き出す。

著者のウェブサイト
本書に出てくるサウンドを聴いたり、樹木などのカラー写真を観ることができます。

著者紹介

訳者紹介

目次

日本語版への序文―弁当箱の木の葉が象徴するもの

まえがき

編集部より

ネット書店で購入する

本書の読者におすすめの本





>>トップページへ戻る    >>このページのいちばん上へ
   サイト内検索

TSUKIJI SHOKAN PUBLISHING CO., LTD.
7-4-4-201 TSUKIJI CHUO-KU TOKYO, JAPAN
TEL:03-3542-3731 FAX:03-3541-5799


© 2011 tsukiji shokan publishing co., ltd. All rights reserved.