謎のカラスを追う 頭骨とDNAが語るカラス10万年史



中村純夫[著]
2,400円+税 四六判並製 272頁+カラー口絵12頁 2018年11月刊行 ISBN978-4-8067-1572-6

ハシブトガラスには、ジャポネンシスとマンジュリカスの二亜種がいる。
この二種が交雑した、第三のカラスの存在を確かめるため、
フリーランスの鳥類学者が単身、サハリンに乗り込む。

ロシア人ハンターとともに島の南北1000キロを往復し、
さらにはロシア本国の山中へ分け入ることに。
謎のカラスの正体をつきとめるまでの、苦難と執念の道のり。
鳥類学者がフィールドで真実を探求する醍醐味と厳しさを余すところなく描く。

著者紹介

目次

プロローグより抜粋

ネット書店で購入する

本書の読者におすすめの本





>>トップページへ戻る    >>このページのいちばん上へ
   サイト内検索

TSUKIJI SHOKAN PUBLISHING CO., LTD.
7-4-4-201 TSUKIJI CHUO-KU TOKYO, JAPAN
TEL:03-3542-3731 FAX:03-3541-5799


© 2011 tsukiji shokan publishing co., ltd. All rights reserved.