6つの化石・人類への道[新生代]  化石が語る生命の歴史



ドナルド・R・プロセロ[著] 江口あとか[訳]
1,800円+税 四六判上製 192頁 2018年5月刊行予定 ISBN978-4-8067-1558-0

この化石の発見が、世界を変えた

いよいよ人類が登場する。
泳ぎ歩くクジラ、海に帰る陸生動物のミッシングリンクの発見、
流砂にとらわれたパラケラテリウム、
果たして人類発祥の地はユーラシアか、ブリテンか、アフリカか。
無視されたアフリカでの大発見、戦禍から避難させる途中で行方不明になった北京原人。
科学界にもおよんでいた人種差別、固定観念を乗り越えて、
次々と発見される化石から浮かび上がる人類進化の道。

【化石が語る生命の歴史シリーズ】

著者紹介

訳者紹介

目次

著者あとがき

訳者あとがき(抜粋)

本書の読者におすすめの本





>>トップページへ戻る    >>このページのいちばん上へ
   サイト内検索

TSUKIJI SHOKAN PUBLISHING CO., LTD.
7-4-4-201 TSUKIJI CHUO-KU TOKYO, JAPAN
TEL:03-3542-3731 FAX:03-3541-5799


© 2011 tsukiji shokan publishing co., ltd. All rights reserved.